葬式に参列した時の男性の服装のマナー

通夜や葬式に参列した際、男性の場合は地味なスーツや喪服を着用しますが、この服装にもマナーがあります。まず、スーツは黒やグレーなどの地味なスーツが一般的です。シングルやダブル、どちらでも着用して良いです。シャツは派手な柄物は避けます。白のシンプルなシャツがベストです。ネクタイも黒のものが一般的です。また、毛皮は殺すという事を連想させるので身につけるのはタブーです。アクセサリーも結婚指や婚約指輪以外は着けない事が良いです。靴も金具がついていたり、素材がスエードのものは避けます。また、男性では気づきにくい所にもマナーがあります。胸ポケットにハンカチをいれてはいけません。また、ネクタイピンも避けた方が良いでしょう。靴下も派手なものや柄物は避け、黒の無地や地味な色の靴下を履きましょう。男性の場合、女性と違い特に細かく気をつける点は少ないと思いますが、ハンカチや靴下等は見落としがちなので要注意しましょう。

仏壇仏具の今堂

便利屋 開業 手続き

個人レッスン専門の英会話教室

さいたま市のインプラント

東京中目黒の加圧スポーツジム。 フィットネスやダイエットも行ってます。